強いかゆみを抑える「ステロイド」

強いかゆみを抑える「ステロイド」とは?

 

湿疹や皮膚炎などのかゆみは、軽いものであれば市販の薬でも大丈夫ですが、あまりにも酷いようであれば病院を受診し適切な薬をもらう必要があります。

 

そんな強いかゆみを抑えるのに効果的なのが「ステロイド」という薬です。

 

ステロイドは、炎症やアレルギー反応を抑える効果があり、アトピーや炎症などのかゆみ以外にも、様々な病気に使われています。ステロイドの免疫抑制作用が働くことで、炎症を抑え、かゆみをすみやかに緩和してくれるのです。

 

効果は強い薬ですが、一時的なものとして使われることが多く、長期間使用することができません。

 

また、副作用の心配もあるため、慎重に使わなければならない薬なのです。

 

必要以上に強いものを、長期間使っていると、ステロイドの免疫抑制作用により、体内の様々な細胞の増殖が抑制されてしまうことがあるからです。そうすると、かえって炎症を起こしてしまりと、悪い症状を引き起こしてしまう可能性もあります。そのため、自己判断をするのではなく、しっかりと決められた範囲内で使用が必要となります。
とはいっても、医師から決められた量を決められた期間使う分には、そこまで心配する必要はありません。安全に、効果的に用いるためにもステロイドの特性を理解した上で使用することが大切なのです。

 

⇒カダソンスカルプシャンプートップに戻る