カビ菌のマラセチア菌を殺菌する「ニゾラールローション」

カビ菌のマラセチア菌を殺菌する「ニゾラールローション」

 

脂漏性皮膚炎は皮膚が炎症を起こし、かゆみを伴います。

 

皮脂が真菌(カビ菌)などにより、脂肪酸に分解されることで皮膚を刺激し、かゆみのもととなるのです。生活習慣の乱れやストレスなどが原因となるともいわれていますが、真菌によるものだともいわれています。その真菌の中でも、マラセチア菌が多いといわれています。

 

マラセチア菌は人間の毛穴にすんでおり、脂が好きなため、脂が多ければ多いほど増えてしまいます。これが皮膚を刺激する原因となるのです。

 

このマラセチア菌に対して殺菌効果があるのが「ニゾラールローション」です。

 

ニゾラールローションには、抗真菌作用があり、脂漏性皮膚炎の治療に適しています。抗真菌作用には、真菌の増殖をおさえるタイプと真菌を殺すタイプの2つに分けられますが、ニゾラールローションは、2つのうちの主に真菌を殺すタイプ(殺真菌作用)といわれています。

 

副作用として、刺激感や接触皮膚炎、小水疱、そう痒などがまれにおこります。このような症状が出た場合、ただちに使用を止め、医師や薬剤師に相談しましょう。

 

使用の仕方は、脂漏性皮膚炎の場合、1日2回、患部に塗布します。
塗り忘れた場合には、気づいたときに1回分を塗っても良いですが、1度に2回分を使用してはいけません。

 

決められた量、回数に気を付けながら使用することで、脂漏性皮膚炎に対して有効と言われています。

 

⇒カダソンスカルプシャンプートップに戻る